· 

平昌オリンピック 男子スケートの行方

2018年冬のオリンピックが始まりました。

男子スケートが気になるところです。

 

昨年末ケガをした羽生結弦選手の足の状態は大丈夫でしょうか?

また羽生選手の後を追う宇野昌磨選手は?

羽生結弦選手は1994年12月7日 生まれ時間不明

 

宇野昌磨選手は1997年12月17日 生まれ時間不明

 

二人とも12月生まれの、なんと10日違い。 面白いですね。

 

大人気の羽生結弦選手の命式を観ると、タレントとして大活躍している人たちが持っている星をしっかり持っています。

アイドル並みの人気があるのも当然ですね。

 

また、自分の感情・行動を上手くコントロールが課題のよう。どのような困難に遭おうとも、最後までやり遂げようとする人です。

 

 

さて、昨年末、テレビでも放映されていたように、ジャンプの着地失敗で痛々しい姿が映し出されていました。

 

私も思わず「あ!!」と叫び、顔をしかめてしまいました。

 

オリンピックは大丈夫かしら?と思っておられる方も多いでしょう。

 

羽生結弦選手のコーチは、「結弦は強い、見ていてくれ」と笑顔を見せていました。

 

私も羽生結弦選手を四柱推命で観てみました。

 

すると、2014年のソチオリンピックで金メダルを取った時と同じ星が、今回も来ているではありませんか!

 

自分にふさわしいものを獲得し、達成する運です。

 

2度目の金メダルも夢ではなさそうですよ。

 

 

一方、宇野昌磨選手は、「プロ意識は強く、独断でどんどんやっていくタイプ。周囲をライバル視する傾向が強いので、競争社会ではかなりの力を発揮できる。」

 

羽生結弦選手とは、タイプが全く違うことがわかります。

 

宇野選手もは誕生時間不明なこととオリンピック初参加ということで、大きな結果から誕生日を割り出す作業をしていません。

 

「たぶんこれであろう」という星から割り出しています。

 

すると、宇野選手も、メダル獲得できそうです。 ただし、羽生選手の方がより吉運のようですので、宇野選手は銀か銅メダルではないでしょうか。

 

日本代表選手、全員頑張ってください!