「金運は西に黄色」が有名だけど

今日は金運のエネルギーについて書きました。

西に黄色。

西は金運に良いとされます。

 

また西のインテリアカラーは黄色が良い。

それも風水的には合っています。

 

でも、金運には黄色だけがよいのでしょうか?

 

五行では「黄」は「土」のグループに対応する色とされています。

 

金運=「金」

 

金運は金のグループに属しており、その金を生むのが「土」なのです。

 

ゴールドラッシュ(金採掘)は、土の中から金を掘り当てますね。 金はまさに土の子供です。

 

土は金のお母さんということになります。

 

ですから、金運を高めたい時には黄色を使うと良いと言われるゆえんです。

 

金はお金そのものです。

 

黄金(おうごん)、黄金色(こがねいろ)・・・

 

金は黄色でもあるわけですね。

 

さて、私は、ある気功の先生とご縁することができ、先日その方から「金運パワー」というのを身体に入れてもらいました。

 

氣を入れていただいた時、頭の方からズバッと太いエネルギーが入って来たのがわかりました。その金運のエネルギーは、やはりメインは金色でしたが、実は金一色ではなかったのです。

 

これは、個々の感じ方にもよると思うので、私の個人的な感覚です。

 

「天」と「地」のエネルギーなのだと、その時思いました。

 

この気功の先生がおっしゃるには、金運のエネルギーを入れると病気の人が治ることがある、とのこと。

 

確かにこのエネルギーなら、病気も治ってしまうかもしれないと思いました。

 

なぜなら、私たち始め、万物は天と地のエネルギーで出来ているからです。

 

天と地と聞いても、見えない氣のようなものですから実感がわきませんね。 

 

その天と地のエネルギーを、学問的に紐解いたものが四柱推命・風水です。 

 

その他の中国占術もそうです。

 

 

金運がアップして、健康になれたら最高ですね。

 

 

 

 

 

法人様の鑑定も承っております。