フィギュアスケート浅田真央選手を四柱推命で観てみました

浅田真央さんが突然の引退宣言。

 

とうとう決断したか!という感じです。

 

四柱推命で浅田真央さんを観てみました。 浅田さんの誕生日は1990年9月25日生まれ時間不明となっています。

 

四柱推命で運勢を判断する場合、生まれ時間が不明ですと運勢を正確に観れません。

これまでの浅田真央さんの出来事を照らし合わせると、午後1時から3時ではないかと推測しました。

 

女子フィギュアスケート界をリードし続けた浅田真央さん。 高いジャンプと優雅な表現力に魅了されました。

 

恵まれたスタイル、容姿で今までのスケート女子の印象を、がらりと変えてくれた人でもあります。

 

なにより、彼女の頑張りと根性は特質するものがあります。

 

本当にすごいです。

 

四柱推命で観ると真面目で努力家。 努力と根性の人という感じです。

 

自分を律する力が半端ないのです。

 

16歳までは運気は最高潮で、結果はすこぶる好調といった所でしたが、2006年から十年運が変わり、それまでとは違った運気に突入しました。

 

あなたも感じていらっしゃると思いますが、浅田さん自身は何も変わっておらず、かえって努力しているようなのに、結果が伴わない。

 

 

本人はやる気満々なのに、結果が伴わないという事が、この頃多かったように思います。

 

2010年のバンクーバーオリンピックの時も、最高の演技を見せてくれた浅田真央さん。感動を与えてくれました。

 

 

 

 

しかし、韓国のキム・ヨナさんが金メダルを取りました。

 

キム・ヨナさんは天性の才能と技術力と芸術性を持っている方。その彼女の運気は絶好調。

 

バンクーバーオリンピックの年、キムヨナさんの運気は最高運(最大吉)でしたので、浅田真央さんがいくら頑張っても、金メダルはキム・ヨナさんのモノだったのでした。

 

 

同じ年の浅田さんの運勢というと、悪くはないけれど、キム・ヨナさんには及びません。

あの時の結果は、浅田真央選手の実力通りだったのです。

 

 

キム・ヨナさんは、1990年9月5日生まれ。 なんと浅田さんと20日しか違いません。

日干も同じ「癸」ですから、お互い似たものを感じていたでしょう。

 

 

 

頑張っても頑張っても、どうにもならない壁に、浅田真央さんはどんなにか悔しかったことでしょう。巡っている吉運の差が、結果を大きく変えてしまいました。

 

そして、2014年のソチオリンピックは、まさかの6位。

 

この時は、まさに逆境運でした。これがあと1カ月前に行われていたら、もしかすると金を取れていたかもしれない・・・。

 

ショートプログラムでミスをくりかえし16位スタート。フリーで3位についたものの、本当に残念な結果に終わりました。

 

普段ならあり得ないことが、この逆境運では起こり得るのです。

 

 

さて、2017年この時、引退を発表したのには、やはり運の力が影響しているようです。

 

2月の立春から一年の運気が変わります。

 

この時期から、もうやめようと心を決めたのだと思います。 そういった心機一転がこれからの浅田真央さんの人生に、良い結果をもたらすのです。

 

2016年9月から10年運が変わったと書きましたが、これからの十年間は、もっと楽に穏やかに過ごすことができそうです。

 

今後は心機一転、新しい事に挑戦していくでしょう。

 

 

2020年は東京オリンピックの年です。 

この時の浅田さんの運気は最高運気。

 

再起・出直しが良い時でもありますので、この時何かしらのサプライズがあるかもしれません。

 

もしかすると結婚のお知らせかも。

 

 

浅田真央さん。長い間、私たちに感動を与え続けてくれてありがとう。 

 

 

ゆっくり休んでください。 また新しい場で、素敵な笑顔を見せてくださいね。


ご案内

*2017年4月23日 相手と自分を知る四柱推命講座 全6回コースがスタートします。

横浜駅すぐの場所です。

 

生まれながらの健康のバランス、五行とアロマ、性格や特性、相性が自分で判断できるようになります。

相性診断はプロ級になれます。

 

ご家族の健康が気になる方だけでなく、婚活事業を営む方、アロマサロンや健康系に従事されている方、薬膳やお料理に携わる方にもお勧めの講座です。

*横浜開運ツアー募集しております。

6月24日(土) 健康と女子力アップとご縁結び 高級薬膳料理と中華街開運ツア―

横浜横須賀道路 朝比奈インターすぐ

 

ボタニカル風水 開運の寄せ植え講座をリクエスト制で行っています。

四柱推命鑑定、風水鑑定を対面、電話、メールで行っています。

 

ホームページの中身は、下記のサイトマップからご覧いただけます。