大沢樹生さんと喜多嶋舞さん

大沢樹生さんと喜多嶋舞さんとのお子様が、大沢さんの実子ではないことが法律上認められました。

 

このことについて、四柱推命を見ながらお伝えしていきます。

 

我が子か、我が子じゃないか? 男性にとってはお子様を産む性ではないため、どなたにも頭をかすめる一瞬があるのではないでしょうか?

 

実はDNAというのは素晴らしく正直で、小さいころから親の遺伝子を垣間見せる機会が多々あります。

 

異父兄弟の場合、母親は同じですが、やはり父親の遺伝子が違うことははっきりわかります。

 

顔の形、身体の特徴、性格や行動の傾向性など・・・特に身体の作りは、ほとんどが両親のどちらかに似るため、当人はわかるはずです。

 

ただ「信じたくない気持ち」「知るのがコワイ」という気持ちが先に立ち、現実を見ることを拒否しているのだと思います。

 

大沢さんにしても、お子様が小さいうちから、なんか違うという感覚は強かったと思います。

 

でも、大沢さんにとって喜多嶋さんは忘れられない女性だったはずです。

 

お二人の相性は大変仲の良い相性ですが、結婚となると難のある間柄でした。また、お二人とも結婚運・異性運に問題が起きがちの方でした。性格はお互いのやり方が違うため、些細なことでも意見の違いが目立ったでしょう。

 

喜多嶋さんは結婚後の大沢さんの「釣った魚にエサは要らない」という亭主関白に変貌したことと、仲が良い=ずっと愛し続けることのできる男性ではなかったことがわかり、別れを決断したのだと思います。

 

また、大沢さんは世間体を大事にする方ですから、お子さんが自分の子ではないかもしれないことを誰にも言えなかったのだと思います。

とうとう、我慢できずに最悪の公表をしてしまったのでしょう。メディアに注目してもらう何かしらの意図があったのかもしれません。

 

大沢さんは去年から10年運が変化し、運が上向いていますので裁判で勝訴したのには納得がいきます。

 

これからの大沢さんは、芸能界でもう一度花を咲かせるために忙しくなるでしょう。また芸能界と縁のある10年間です。

 

息子さんは、日本の情報が入らないアメリカで暮らすのはいいことですね。 人のうわさも75日といいますから。

 

生まれながらの運の傾向や、性格も確かにありますが、四柱推命を日常に取り入れることで結果が違ってきます。

 

 

運のタイミングに合わせること。

 

自分自身を知ること。

 

相手との関わり方を知ること。

 

これがとても大事なのです。