風水のラッキーナンバーは何?吉と凶

物にはエネルギーがあります。


「名は体を表す」というように、自身のお名前にはその方の特性が現れます。

使用されるひらがな・漢字には特有のエネルギーがあります。


そのような理由を知っていらっしゃるのか、姓名判断を意識される方は少なくありません。


風水でも数字をとても重要視します。


良いとされる数字は1,6,8  イロハです。


中国発祥の風水と、日本の「いろは歌」の最初の3文字が同じなんて、面白く興味深いですね。



今日は風水で見る数字の吉凶について観てみましょう。


風水では「ゼロ0」という数字は、吉凶を観ていく時は基本的に使いません。


1、2,3,4,5,6,7,8,9


一つ一つの数字を見て、何かのエネルギーを感じますか?


普段何気なく使っている数字にも意味があります。


紫白訣という」文献があります。それには


1=地位、健康、財利


2=財を損なう 病気


3=争いや刑罰



4=文書・試験による地位の向上


5=重病、破財


6=財と健康


7=口喧嘩、破財


8=財と健康


9=喜慶 火災 吉凶半々


正確には一白、二黒、三碧・・・・と星の名まえが付いています。


数字単体だけでなく、数字の組み合わせでも吉凶があります。


代表的な吉の組み合わせは 1,4=発展の喜びや有力者の援助


最凶の組み合わせは 2,5=病気、厄災、破財


よく、車のナンバーでニコニコの意味なのでしょうか、 「25-25」のナンバープレートを見かけますが、見るたびに「あ~~もっと良いナンバーがあるのに・・」と思います。


また、2014年からの20年間は特に「8」「1」「9」がお勧めです。



「9」は吉凶半々ですが、この間は良い数字なので積極的に使っていただいて大丈夫です。



このように観ていきますと、1,6,8,9が良い数字で、次いで4が一般的に幸運の数字となります。



面白いことに、四柱推命で見て「良い運気」の方は自然と幸運の数字に出会うものです。



反対に、逆境運の時



例えば、電話番号を引っ越しなどで新しくする場合、告げられるナンバーは「2」と「5」のオンパレードだったりするようです。


まさにエネルギーなのですね!  その方のエネルギーと同調するのです。


だからと言ってあきらめないでください。この風水理論を知ったからには是非ラッキーナンバーに変更してください。



ご自身の電話番号を「今更変えられない!」という方多いですよね?


他に、車のナンバーなど、普段利用する物に幸運の数字を使ってみてはいかがでしょうか?