土用の丑の日に、うなぎを食べるだけではもったいないですよ・・・

土用の丑の日にうなぎを食べますか? 

調べますと、今年は7月24日、8月5日と2回、丑の日がありますので、どちらを「うなぎの日」というのかと思ったら「一の丑」、「二の丑」と呼び二回あるのだそうです。 うなぎ屋さんは今年チャンスですね。


暑~い夏に、なぜかうなぎを食べたくなるものですね。


けれど、昨今うなぎの価格が高騰していますから、昔のように手軽に食べられません・・


気軽に食べられるようにと、近畿大学が開発した「うなぎ味のなまず」が販売されるそうです。 なまずは、うなぎの味がしなくても美味しいそうですね。


昔いとこが近所の川で、よくナマズを釣って来ていました。あまり獲れるので、ナマズしか釣れないのかと思うくらい・・・


さて、本題に入りますが、この「土用」


単に「うなぎを食べる日」だけではないのです。


四柱推命の考えに「天干」「地支」というものがあります。


天干については省略しますが、地支は、皆さんおなじみの「十二支」のことをいいます。


12個の動物を、それぞれの月に当てはめています。




寅・卯・辰=木(春)の季節


巳・午・未=火(夏)の季節


申・酉・戌=金(秋)の季節


亥・子・丑=水(冬)の季節


というふうに、四季に分けられます。


十二支は五行にも分けられますが、4つしかありません、 なぜでしょう?


それは、各季節の最後の地支が、土の五行ではありますが「季節」としては単独に存在しません。 その代り、季節の変わり目の意味で「土用」という名前になっているのです。 4つの季節の中に一つづつ、土用があります。辰・未・戌・丑がそれに当たります。


季節には、盛んな時~終わりといふうに、一つの季節の中にも旺衰があります。この「土用」は、季節の終わりを意味し「終わらせて、新たなものを生む」という役割を持っているのです。


7月は未月(ひつじ月)ですから、火の季節の土用に当たり「火の季節が今月で終わりますよ!」という月なのです。


翌月の申(さる)月、金(秋)の季節の「準備の月」なのです。秋は収穫の季節です。これまで育んできたものを収穫する時ですよ。


これから夏本番!と言いたいところですが、8月のお盆を過ぎると、秋の虫たちが鳴きはじめるのを聞くことができるでしょう。


それだけ、自然は太陽の運行に合わせ正確に時を刻んでいるのです。


ですから、この土用の「終わらせ、新たなものを生む」、今月は断捨離にぴったりなのです。


不要なものを(感情も!)整理して、手放すことで「新しい良い物」があなたの下へやってきます。来月からの「収穫」の準備をしましょう!


私も、今月は部屋の模様替え、床のふき掃除、納戸の整理、古いアルバムの整理などをし、「風水の財を生む場所」をしっかり確保しました。


猛暑ですが、梅雨明け発表はまだのようですので、少しでも涼しい日に断捨離なさってください。