6月の講座:お部屋の中でハッピーガーデニング

6月21日 河野自然園で風水ガーデニング講座を行ないました。


あいにくの雨模様でしたが、雨のおかげで農園はまずまずの心地よさ。


まずは、風水のレクチャーから。


ガーデニングで家の中に良い気を引き入れるのも重要ですが


「お部屋の中に何を置くか」は、とってもとっても重要です。



置き場所が悪いと、かえって運を悪くしますから注意です。



8か所の方位を八方位といいますが、それぞれの方位の意味があります。



水回りと欠けがあると、こんな運気に影響しますよ~というものや、、一般的な家にありがちの財運に影響する悪い例と、財運の場所についてもお話ししました。


今回は、「健康運」「家族の経済運」「名声運」のどれかをを高めるために、ご自宅での観葉植物の飾り場所を決めていただきました。



花はなフレームという壁掛け用の器に、水耕栽培用のセラミスという特殊な土をいれます。


土を使わないので、とても衛生的に管理できます。


鉢底には穴は開いておりません。

こちらが出来上がりの作品です!


あまりりたくさん植えると蒸れてしまいますし、

一個一個の植物が活きてこないので、私は詰込み型の寄せ植えはお勧めしていません。


ふっくら立体的な絵画風寄せ植えです。 これをお部屋の壁に掛けて楽しみます。


植物は生徒さん自身で、お好みのものを選びました。



ハンギングや寄せ植えを沢山やられているかたは、風水に縛られたくないと思う方がいらっしゃるようです。


縛られるってなんでしょう? ご自分の好きな植物を使えないから? 好きな器を使えないから?


家の中では、使い方によっては悪くなることがありますので、それを承知で悪い方位に飾ることもないと思います。


悪い方位は、確かにあります。 病気や厄災の方位に植物を置くとテキメンです。


迷信よ!信じないわ!という方はそれで良いのです。


けど、風水は環境の学問ですし宇宙のエネルギーは、そういった意思に関係なくまんべんなく注ぎます.


風水ガーデニングでは、この方位にはこの色が合いますよ、という風にアドバイスします。


それではその色にしましょうか、とご自身で色を選択されて、寄せ植えの花選びが始まります。


なんといっても、風水ガーデニングで作った寄せ植えは、皆さまに共通して「統一感」があります。


それはなぜかというと・・・


メインの色を決めるのですから、出来上がりにブレがありません。


何の制約なしに好き勝手に作ると、コンセプトがあいまいになるので、多色使いをしがちで統一感が無くなります。


私もガーデニング初心者の頃は、先生にメインを決めなさい、何種類も使わない、置く位置を考えなさいと口酸っぱく言われました。


ハンギングバスケットでは、好きな植物を沢山使いたくて、同じような形のものをいくつも入れて

ヘンテコな作品になってしまったことも。


その点、風水ガーデニングではメインの色を引き立たせるための脇役の草花を、一生懸命選ぶので、統一感ある仕上がりになるのです。


ある程度、指定があった方が勉強になりますし、寄せ植えをお客様に作られる方でも、お客様から指定される訳ですから、色の制限はあるはずなのです。


けど、方位別などの色の指定はあるものの、厳しい制約があるわけではありませんから、皆さん出来上がりに満足してお帰りになられますよ。