あなたが元気で魅力的になるレシピ  五行「土と金」編

四柱推命では、陰陽五行論を使って、生まれながらの体のバランスがわかります。

 

地球上のあらゆる物体は、木・火・土・金・水の五行のどれかに分類されると考えます。

 

日々、私たちが口にする食材も、この五行に分類されます。

 

今日は「土」と「金」を強くする

 

「ローストビーフ玉ねぎソース」はいかがでしょうか?

 

材料

牛もも肉(オーストラリアビーフを使ってます)  7~800グラム

 

塩・胡椒 適量

 

-漬けだれ-

玉ねぎ 1個~2個 千切り

砂糖  大さじ1

醤油  大さじ5

酢    大さじ 1~1/2

 

作り方

 

牛肉は室温に戻し、塩・こしょうをたっぷり手ですりこむ。

 

フライパンに油を敷き、中火で肉の表面を軽めに焼く。


200~210度のオーブンで35分くらい焼く。途中焦げそうならアルミホイルを掛ける。

(私は、スチームオーブンレンジで、「鳥のハーブ焼き」というメニューで焼いてます。)

 

焼きあがったら、熱々の肉をタレの入ったボールの中に入れてしばらく置く。

 

肉が冷めてから、出来るだけ薄く切り分け、つけ汁と共に皿に盛る。

 


牛もも肉を使ったローストビーフは、脂肪分が少なく、お肉のうまみが引き立ちます。

 

東洋医学的には、牛肉は血を汚すとして、がんの方は食べてはいけません。。

 

五行論では牛肉は「土」の五行に属します。 「土」の少ない方、「火」が多い方にお勧めです。

 

「体力の回復」「抵抗力の向上」「胃の働きを補う」「貧血の予防」という効果があります。

 

 

玉ねぎ(特に生)は、「金」の五行に属します。

 

金の五行が足りない方に最適です。また、牛肉の食べ過ぎを流してくれる役目もあります。

 

生の玉ねぎは、血液サラサラの効果があります。

 

顔が赤く、火照る方、胃腸が弱い方、呼吸器が弱い方、アレルギー体質(金が足りないため)の方にお勧めです。

 

玉ねぎが辛いと思われるときは、オリーブオイルやエゴマ油を少量加えましょう。