夫婦喧嘩の起きやすい家があります

私が風水を習い始めたころのお話です。

 

即効性のあることで人気のある玄空飛星派風水を習い、我が家に試してみようと家の化殺をしました。


化殺というのは、悪いエネルギーを弱める対処法というものです。


悪いエネルギーって?


喧嘩をしやすくなる、病気になりやすい、悪くすると癌になったりします。


あとは子供がけがをする、泥棒に入られやすい、などなど・・・



こういった負のエネルギーは、良くすることはできませんが弱めることができるのので、起きづらくなります。


その反対に良い風水のエネルギーを強めることもできます。


せっかくの良いエネルギーを、置くものによってダメにしてしまうこともあるので、方位に合うインテリアを置くことは重要です。



さて、この悪い風水エネルギーをどうやって見ていくかですが、家の「向」というものを割出さねばなりません。


一般的に家の玄関を見ることが多いですが、玄関前に道路がなかったり、マンションのようにメインエントランスと個々の部屋の玄関の方位が違うと「向」はその限りではありません。



以前私が住んでいた家は一戸建てで、玄関前がすぐ道路でしたので、「向」はすぐ割出せたので簡単でした。


その家は1964年~1983年の間に建てられた家で、玄関が北にあります。


その東南には水回りなどもなく、方位のエネルギーが邪魔されることなく風水エネルギーは稼働している状態と見ます。


玄空飛星派風水では、この方位を1と2が合うといいます。


1と2が合わさると「夫婦喧嘩」が起こりやすいのです。 厳密にいうとうちは2,1です。


ある日、夫が些細なことで怒りはじめました。


普段とてもやさしく、甘えん坊な夫が、異常なほど感情的になって私に突っかかるのです!


これは風水のしわざだな~ と直感し、すぐさま化殺をしてみました。


すると、さっきまでの剣幕がスーっと治まったのです。


「どう?」って夫に聞いてみると「なんかやたらにイラッとしたんだ、風水のせいじゃないかとは思ったけど、どうすることもできなかった」というのです。


でもなぜいつも喧嘩をしないのか?と疑問に思われるかもしれません。


それは、他の方位はすべて調整して、その方位だけが化殺し忘れたこと、そして、振り子時計を新しくその方位に取り付けたことで、その方位のエネルギーが活性化されてしまったことにあるようです。


その後しばらくして、その振り子時計は夜中に急に落下して粉々になって壊れてしまいました。


ガラス製のとっても素敵な、メロディがなるお気に入りの時計だったのでショックでしたが、人気のない夜中に落ちたことで誰もケガをせずに済んで良かったです。



1964年~1983年築のお宅は1と2の組み合わせが多いです。


玄関が北で東南方位に水回りがないと、夫婦喧嘩でお別れするパターンになるかも・・・


その年代築のお宅に住んでいた、知人が夫婦仲良かったはずなのに離婚したという話を聞いて、その家に住んでなければ離婚しなかったのかな?と考えてしまいます。


注意ですよ~


私は何回か引っ越しをしているので、そのたびに風水エネルギーに思い知らされる出来事を経験しています。 本当に玄空飛星派風水は即効性があることにびっくりしています。


それが、意外と凶作用としてはっきり出るのがコワイです。